Androidでプライバシーを保護する方法

[ware_item id=33][/ware_item]

Androidでプライバシーを保護する方法Android ::ガジェットハック


近年、スマートフォンの導入により、スマートフォンは私たちの生活の一部になりました。個人的なものがたくさんあるため、スマートフォンに保存したり、スマートフォンに保存したりします。したがって、それにはプライバシーの問題が伴います。 Androidスマートフォンなどのスマートフォンは、プライバシーを危険にさらす場合があります.

この懸念は遠くからは始まりません。実際、Androidオペレーティングシステムの同じ開発者が加害者かもしれません。 Googleはデータ収集のツールとしても人気があります。また、Androidオペレーティングシステムを介して、よくアクセスするWebサイトの場所やメール送信などのいくつかの詳細をGoogleサービスで簡単に追跡できます。.

ただし、これはあなたにとって脅威となるべきではありません。 Googleがプライバシーを侵害してデータやトレンドを収集できる限り、この発生の一貫性を回避して回避する方法もあります。安全を確保するためのすべてのプラクティスの中で最も重要なのは、常にすべてをオフにすることです。スマートフォンのほぼすべてのアプリ.

スマートフォンを保護する

私たちの周りには脆弱性があります。スマートフォンは常に侵入の危険にさらされ、マルウェアの脅威に常にさらされています。そのため、Androidスマートフォンを未知のパブリックWiFiに接続しないようにすることが1つの方法です。パブリックWiFi接続と同様に、Bluetoothとコンピューターもマルウェアの優れたホストです。したがって、Bluetoothを有効にしたままにせず、携帯電話をコンピューターに接続することをできるだけ避けてください.  

携帯電話でサービスやアプリを使用していない場合、安全な方法はオフのままにしておくことです。過小評価されているかもしれませんが、Androidスマートフォンのマルウェア対策も重要です。マルウェアを削除する方法については、オンラインで入手可能な多くの既存のガイドがあります。悪意のあるコンテンツからAndroidマルウェア保護を削除するガイドに従うことができますが、そもそも必須です.

Googleとの仮想インタラクションを制限する

Androidスマートフォンの所有者は、常にGoogleのデータ収集活動に対して脆弱です。ただし、この相互作用を制限できます。 Googleがプライバシーへのコミットメントを確認している限り、これは事実ではありません。そして、あなたはこの侵入を避けることができます。設定で「アクティビティコントロール」をカスタマイズすることにより、これらの人気のない(理由により)手順を実行します。さらに、Googleアカウントに署名せずに携帯電話を使用すると、携帯電話でのアクティビティも制限されるだけでなく、プライバシーの侵害も制限されます.

ピンを設定してデータを非表示にする

常に携帯電話に暗証番号(PIN)を設定してください。これにより、携帯電話を紛失したり盗まれたりした場合でも、誰からの侵入も防ぎます。顔認識やバイオメトリックフィンガープリントよりもピンを選択すると、Googleからでもデータを保護するためのより伝統的で「安全な」ルートが提供されます。電話を暗号化すると、セキュリティがまったく新しいレベルになります. 

ピンを覚えておいてください。そうしないと、すべてのデータが失われる危険があります。通知を非表示にして自分を保護することもできます。デバイスがどの手に落ちるかはわかりません。したがって、通知を非表示にすると、通知、連絡先、メッセージングなどのデータが非表示になります。音と通知の設定に移動して、通知をオフにします.

一貫したソフトウェア更新

スマートフォンのセキュリティを常に最新の状態に保つには、Androidスマートフォンの一貫したソフトウェアアップデートが特に重要です。メーカーや開発者がモバイルデバイスのセキュリティを向上させるために努力するのと同じように、ハッカーもマルウェアを侵入して拡散させるより賢い方法を見つける.

したがって、携帯電話を更新すると、より高度な仕掛けとトリックを最新の状態に保ち、デバイスに侵入したりマルウェアを感染させたりするのに役立ちます。 Androidフォンで、「設定」、「電話について」、「システムアップデート」の順に選択して、電話システムを最新の状態にします。.

不明なソースを信頼しない

Linuxから継承されたAndroidは、開発者によって吟味されたソースからのみアプリやプログラムをダウンロードまたはインストールできるようにすることで機能します。 Androidスマートフォンには、不明なソースを有効にしない事前設定が付属しています。これにより、特に悪意のあるソースやプログラムから常に安全であることが保証されます.

ただし、Androidデバイスでは、不明なソースからプログラムやアプリをダウンロードしてインストールできる場合があります。このプロセスは、不明なソースを有効にする許可をGoogleに与えた場合にのみ許可されます。これは、デバイスとデータのセキュリティに有害な場合があります。したがって、常に注意を払い、ソースの許可と有効化は避けてください。.

Appsの権限を確認するだけでも時間はかかります。確かに、読み通すのに数秒かかる場合がありますが、これによりデバイスが常に安全であることが保証されます。あなたを安全に保つために、グーグルはアプリ許可システムを進化させました.

たとえば、ダウンロードした特定のアプリは、アプリがこの機能を使用している場合にのみ、位置情報へのアクセスが許可されます。さらに、通常どおり、あなたの本能と知識は重要です。許可は適切ですか?疑わしい点はありますか?これらはすべて、アプリのソースが信頼できない可能性がある兆候です.

あまり共有しないでください

Uberアプリで現在地を共有したい限り、それは必ずしも安全ではありません。確かに、一部のアプリは、位置情報機能をオンにせずに事実上役に立たなくなる可能性があります。ただし、この機能は、Android携帯電話のセキュリティに非常に有害な場合があります。したがって、現在地などの重要な機能をオンにする前に、広告の安全性に関する懸念の必要性を常に評価してください.

ボトムライン

Androidフォンが安全であることを確認できる統合的な方法がいくつかあります。 1回の2要素認証は、おそらく携帯電話のセキュリティを強化できる最も効果的な方法の1つです。さらに、アプリと電話のセキュリティを確認する習慣を身に付けることも非常に役立ちます.

Googleの同期の状況を測定して把握し、デフォルトのアプリを確認し、VPNを使用してアクティビティを暗号化し、メールプロバイダーを保護する方法があります。 AndroidデバイスでGoogle検索を使用しないようにすることも安全です。 Googleアカウントにログインしています。つまり、すべての検索パターンがGoogleによって追跡および記録されています。.