ウェブカメラがハッキングされているかどうかを確認するためにすべきこと!

[ware_item id=33][/ware_item]

間違いなく、ウェブカメラは、いくつかの点で非常に役立つ重要なコンピューターアクセサリーの1つです。ただし、プライバシーに重大な脅威をもたらします。サードパーティまたはサードパーティがウェブカメラにアクセスして制御できる場合、深刻な後遺症でそれを利用できます.


Webカメラのハッキングは、セキュリティで保護または保護されたWebカメラがない場合にのみ発生します。ウェブカメラハッカーは恐らくあなたを脅迫し、あなたのプライバシーを危険にさらすかもしれません。常にではありませんが、ウェブハッキングのニュースがメディアの注目を集めています。しかし、彼らの処刑に関してはあまり発見されていません.

ハッカーは素晴らしい頭脳を持っています。ある方法で失敗した場合、別の方法を採用してデバイスにマルウェアを注入します。そうすることで、彼らはあなたのコンピューターにアクセスできるようになります。つまり、ウェブカメラにアクセスするとすぐにデータにもアクセスできることを意味します.

誰かがあなたのウェブカメラをハッキングしないようにしたい場合。 Webセキュリティを確認し、プライバシーを確​​保するために従う必要がある7つのプロのヒントを紹介します。

  1. ウェブカメラのインジケータライトを調べます。

ウェブカメラには、レンズの近くにある青、緑、赤の3つのインジケータライトがあります。これらのライトはすべて、Webカメラがビデオを録画しているかどうかを知らせます。 Webカメラを使用していないときは、これらのライトをオフにする必要があります.

ライトが点滅している場合は、他の人があなたのウェブカメラにアクセスしていることを示しています。ライトが次第に光っている場合、言いましょう。 Webカメラがビデオを録画していることを意味します。どちらの状況でも、他の誰かがあなたではなくあなたのウェブカメラを使用していることは明らかです.

時々、ライトは動作を停止し、ユーザーは通常、それを修正するために注意を払っていません。ただし、警告灯のないウェブカメラを使用すると、知り合いがいなくてもウェブカメラをスパイしたり制御したりするリスクが高まります.

  1. 不明なアプリケーションを探します:

場合によっては、webcamがまったく知らないアプリケーションを実行している可能性があります。通常、マルウェアやウイルスを意図せずにダウンロードしたときに発生し、Webカメラを攻撃します。ウイルスまたはマルウェアの存在を確認するには、ウェブカメラを実行する必要があります.

ウェブカメラがすでに使用されているなどのメッセージに常に注意してください。ウェブカメラを制御しているアプリがあります。このアプリの詳細を確認し、インストールしたものと同じか、Webカメラが使用しているプログラムをトレースするマルウェアであるかを確認してください.

  1. ストレージファイルを表示します。

あなた以外の誰かがウェブカメラを使用して映像を記録している場合、重要な証拠は、作成していないオーディオまたはビデオストレージファイルが存在することです。必要なのは、ウェブカメラの録画フォルダーを開いて、すべてのファイルを厳密に表示することです。自分が作成した覚えのないデータを見つけた場合は、ウェブカメラにアクセスできるハッカーによって記録された可能性があります.

ハッカーがファイルの場所を変更し、それらを新しいフォルダーに移動する可能性があります。したがって、ウェブカメラの設定もチェックして、保存したすべてのファイルが選択したフォルダーに存在することを確認する必要があります.

  1. マルウェアスキャンテストに進みます。

ウェブカメラがハッキングされているかどうかを確認するには、マルウェアスキャンテストを実行する必要があります。これを行うには、次の手順に従ってスキャンを実行します。

  • を開く システム構成パネル, に行きます ブート オプション.
  • 起動オプションから セーフモードを選択. 再起動後のシステムはセーフモードで起動します.
  • システムがセーフモードの場合, すべての一時ファイルを消去します ディスクスペースを確保し、スキャンプロセスを高速化する.
  • 既存のウイルス対策プログラムを実行する そして、ウイルスの存在を検出するかどうかを確認します.
  1. カメラ異常動作に注意してください:

Webカメラは、日々進化を続けています。また、より多くの機能を処理できるようになりました。たとえば、より良いビデオキャプチャのために、カメラの方向を変更できます。一方、内蔵のマイクとスピーカーにより、電話のように動作することもできます.

さらに、解像度を向上させるために、Webカメラはレンズも調整できます。しかし、ウェブカメラがこれらのことを自発的に行っていることに気付いた場合、それはあなたのカメラが見知らぬ人の制御下にあることの兆候です.

  1. ウェブカメラのセキュリティ設定を確認します。

また、ウェブカメラのセキュリティ設定をチェックして、ウェブカメラの安全性が危険にさらされていないことを確認することも不可欠です。ウェブカメラのセキュリティ設定が変更されているかどうかを確認してください.

気づいたら

  • パスワードがデフォルト設定に変更されます.
  • 設定を変更することはできません.
  • 管理者が変更されます.
  • カメラのファイアウォール保護がオフになっています.

それはあなたのウェブカメラが他の人によって操作されていることを示している可能性があります.

  1. データフローを調べます。

ネットワークのデータフローは、オンラインセッション中にインターネットデータをどの程度使用しているかを明らかにすることができます。.

他の人がカメラを使用しているかどうかを確認するには、タスク管理ツールを確認してください。同様に、Windows 10では、タスクマネージャーの[アプリの履歴]タブを使用して、ネットワークにアクセスしているアプリを簡単に確認できます。カメラまたは不明なアプリケーションが疑わしいデータを送信していないか確認してください。そのようなデータまたはプログラムを見つけた場合は、マルウェア削除ツールを使用して削除してください.

最終的な考え:

ウェブカメラを使用すると、自宅を注意深く監視することができますが、ウェブカメラを監視することも不可欠です.

誰かがあなたの知らないうちにあなたに注意深い目を向けているなら、それは驚くべきことです。セキュリティとプライバシーを完全に制御することは非常に重要です。怪しげなものがある場合は、上記の手順に従って、ウェブカメラがハッキングされているかどうかを確認してください.