USBデバイスがセキュリティリスクをどのようにもたらすか

[ware_item id=33][/ware_item]

ユニバーサルシリアルバス– USBデバイスは、便利な外部データストレージデバイスです。 256 MBから256 GBまで保存できるフラッシュメモリが含まれています。ただし、このUSBスティックは重大なセキュリティリスクになる可能性があります。 Edward Snowdenが米国国家安全保障局(NSA)からの秘密をコピーするためにUSBデバイスを使用した後、人々はUSBデバイスをセキュリティの脅威と見なし始めました.


USBデバイスによって引き起こされるセキュリティリスクを軽減する手順

この記事では、誤用またはUSBフラッシュドライブの後に発生する可能性のあるさまざまなセキュリティリスクに焦点を当てています。.

USBデバイスごとのセキュリティリスク

直面するリスクには、さまざまな主要なセキュリティインシデント、USB固有のマルウェア、およびウイルスが含まれます。ただし、これらのセキュリティリスクは、いくつかの適切なセキュリティプラクティスを使用することで軽減できます。 USBフラッシュドライブのセキュリティ対策を講じることは非常に重要です。.

  1. USBデバイスの紛失

USBフラッシュデバイスに関連する最も一般的なセキュリティリスクは、主にデバイスが紛失したときに発生します.

ただし、パスワードで保護されている場合、または暗号化されたUSBフラッシュデバイスを使用している場合は、懸念を最小限に抑えることができます。さらに、データを別の場所にバックアップしておけば、十分に安全になります。そのため、デバイスが紛失または盗難に遭った場合でも、USBデバイスに設定した暗号化を破ることができないため、データは安全なままです。.

USBデバイスを暗号化するには、暗号化ソフトウェアを使用するか、暗号化されたパーティションを持つデバイスを購入します.

推奨記事:MacでUSBドライブを暗号化する方法

ただし、パスワードと暗号化保護なしでUSBデバイスを紛失することはまったく別の問題です。 USBデバイスに保存されているデータの重要性に応じて、紛失したUSBデバイスは財産全体を犠牲にする可能性があります。しかし、それはUSBデバイスに保存された履歴書だけであり、あまり心配する必要はありませんが、そのデバイスに非常に個人的な文書が保存されている場合、これらの懸念は非常に高くなります.

したがって、USBデバイスを紛失しないようにする最も簡単な方法は、自分自身で安全に保管することです。 USBデバイスを安全に配置する場合は、データの破損または破損を招くため、過度の衝撃や圧力によって破損しないように注意してください。.

  1. USBフラッシュドライブを見つける

USBフラッシュドライブが不自然に見つかった場合、ほぼ50%の確率でコンピュータに挿入されます。あなたはそれが無料のものだと思っているかもしれませんので、なぜあなた自身の目的のためにそれを利用しないのですか。残念ながら、このUSBフラッシュドライブはトラップにもなる可能性があり、コンピューターにマルウェアをロードするために簡単にトラップされる可能性があります.

USBデバイスごとのセキュリティリスク

技術に詳しくない人がUSBフラッシュドライブの内容をチェックすることはありませんが、セキュリティの専門家はチェックします。そのような不自然に見つかったUSBフラッシュドライブの内容を確認するには、専用のセキュリティソフトウェアを備えた安全なPCを使用する必要があります。.

アンチウイルスソフトウェアがシステムをすでに保護している場合、さまざまな自動実行マルウェアがPCに感染するのを防ぐことができます。しかし、これはシステムが最新の場合にのみ可能です。そうでなければ、マルウェアがシステムに感染する可能性があります.

したがって、不自然に見つけたUSBフラッシュドライブはそのままにしておくことをお勧めします。紛失したデバイスの所有者に向けてソーシャルメディアで電話をかけることもできます。しかし、決して接続しないでください.

  1. 友人へのUSBデバイスの提供

USBデバイスをお持ちで、新しいデバイスを購入したばかりの場合は、古いUSBについて再考している可能性があります。古いUSBデバイスを販売するか、それを提供しようと考えているかもしれません。あなたにとって重要なことは、わずかな利益を得るという夢であってはならず、むしろデータセキュリティについて考えるべきです。. USBデバイスごとのセキュリティリスク

USBデバイスを完売または譲渡する場合、コンテンツ全体が削除されていることを確認する必要があります。データは安全に削除され、完全に検証された後にのみ、見知らぬ人や友人に引き渡される必要があります。.

さらに、USBフラッシュドライブからフラッシュベースのメディアを安全に消去するための方法がいくつかあります。ただし、読み取りおよび書き込みサイクルごとにディスクのエージングが発生します。したがって、古いドライブは単に新しい所有者の手に十分に長くは続かない可能性があるため、単純に古いドライブをワイプアンドビンすることが最善です。.

  1. USB固有のマルウェア

上記で、不自然に見つかったUSBデバイスをコンピューターに挿入するリスクについて検討しました。さらに、簡単に実行できるマルウェアについても知る必要があります。一部のマルウェア、トロイの木馬、およびワームも自動実行されます。コンピューターにセキュリティソフトウェアがロードされていない場合、このマルウェアはかなりの成功を収めます。. USBデバイスごとのセキュリティリスク

このようなマルウェアの例は、BadUSBです。この事実上検出できないマルウェアは、標的となるコンピューターのハイジャックを引き起こす可能性があります。 BadUSBは、感染したUSBデバイスを介して個人を標的にし、感染したUSBが挿入された場所でパーソナルコンピューターの制御を奪います。.

  1. USBデバイスを知る

USBデバイスには、ハッカーやスヌーパーのpr索好きな目から安全で安全な場所が必要です。ただし、さまざまなUSBデバイスの巨大な塊に存在する場合でも、インスタンスで認識することも重要です。したがって、USBデバイスの認識は非常に重要です.

セキュリティとプライバシーは、USBデバイスを中心に24時間体制で展開される主要な懸念事項です。したがって、意図的に引き渡されるデバイスではなく、誤って個人のUSBデバイスを引き渡さないことが非常に重要です。誤って個人のUSBデバイスを引き継いだ場合、そのデバイスに機密データが含まれている可能性があります。したがって、個人用ドライブは、職場で使用するものとは別に保管してください。さらに、USBデバイスを引き渡す前に内容も確認する必要があります. USBデバイスごとのセキュリティリスク

USBが普通のUSBとまったく同じである場合、それらを区別できない可能性が高くなります。ただし、レゴや木材など、特に派手で派手なデザインを与えることで、USBデバイスを簡単に認識できます。デバイスに粘着ラベルを貼ることもできますが、USBデバイスを安全な場所に置くことを検討する必要があります.

結論

USBデバイスは、ほとんどがコンピューターユーザーによってシリコンビジネスカードのように渡されます。マルウェアに感染しているUSBに精通しているため、ときどき再フォーマットとアンチウイルススキャンに依存しています。このようにして、USBドライブが次のデジタル流行を引き起こすのを安全に防ぐことができます。ただし、USBデバイスに関連するセキュリティリスクは、想像以上に深刻です。したがって、上記のグッドプラクティスを採用することにより、USBデバイスがもたらすセキュリティリスクから確実に保護できます。.