ファイアウォール、アンチウイルス、VPNの説明の違い!

[ware_item id=33][/ware_item]

より頻繁に
そうではなく、ほとんどの人は次の理由でデバイスのセキュリティを無視する傾向があります。
純粋な混乱.


「ファイアウォール」、「VPN」、「アンチウイルス」などの用語は、サイバーセキュリティに関するあらゆる会話に投げ込まれます。普通の人は、標的となるマルウェアやサイバー犯罪の兵器に対してどのような予防策を講じるべきかについて混乱するはずです。.

さて、それらの人々は今日は楽しい時間を過ごしています。ファイアウォール、VPN、およびウイルス対策ソフトウェアについて知っておく必要があるすべてが、以下に記載されているためです。さらに、それらを区別することもできます.

とは
ファイアウォール?

本質的に、ファイアウォールはどのコンピューターにとっても必要です。オペレーティングシステムであり、次の機能を統合します。

  • ファイアウォールは、外部の侵入や脅威から動作を保護するソフトウェアまたはハードウェアです.
  • ファイアウォールは、ネットワークを介した着信および発信トラフィックを監視することにより機能します.
  • 悪意のあるプログラムをブロックし、セキュリティで保護されていないWebサイトへのアクセスを防ぐことにより、オペレーティングシステムを保護します。.
  • ファイアウォールは、一連のルールと照合して特定のデータパケットを通過させます.
  • ファイアウォールは、事前に定義されたルールセットで動作するため、それ自体では有害なものとそうでないものを識別できません。.

とは
ウイルス対策ソフトウェア?

ウイルス対策ソフトウェアは、コンピューターのセキュリティに関しては最初の防衛線と見なすことができます。一般的なウイルス対策ソフトウェアには、次の機能があります。

  • ウイルス対策は、主に有害な悪意のある脅威を特定して削除することにより機能します.
  • ウイルス対策は、デバイスの安全性に対するはるかに広範な脅威を対象としています。いくつか例を挙げると、トロイの木馬、ウイルス、マルウェア、スパイウェアが含まれています。.
  • ウイルス対策ソフトウェアは、ウイルス対策ソフトウェアがマルウェアと脅威を識別することを可能にする署名/コードおよび動作分析を利用することにより、脅威を標的とするように機能します.
  • ウイルス対策ソフトウェアの機能は通常、サードパーティのソースを通じて提供されます.
  • インストールされたウイルス対策プログラムがスムーズに実行されるようにするには、ユーザーは頻繁に更新する必要があります。そうしないと、以前は存在しなかった脆弱性が明らかになる可能性があります.

とは
VPN?

仮想プライベートネットワーク(VPN)は、ユーザーがオンラインのときにユーザーのIDを保護するのに役立ち、次の機能で構成されています。

  • VPNは、ユーザーのすべてのネットワークトラフィックを暗号化することで機能します。これは、機密情報がサードパーティのソースに見られないようにするためです。.
  • VPNを使用している間、ユーザーは特定の地域制限を回避し、国内で制限されているサイトにアクセスできます.
  • VPNは、ユーザーに一定レベルの匿名性を提供します。 VPNは、ユーザーのIPアドレスを隠します。通常、ユーザーのIPアドレスには、ユーザーのIDとその場所に関する情報が含まれています.
  • VPNは、個人または自宅のWi-Fiよりもかなり多くの脅威を含むパブリックWi-Fiでも機能します。.


ファイアウォール、アンチウイルス、VPNの違いは?

作ったなら
これまでの記事では、どのように
サイバー犯罪とマルウェア作業に対する3つの最も一般的な防御.

ただし、
最初に述べたように、あなたはまだどのソフトウェアに
デバイスにインストールする.

疑問を解消するために、3つの予防策の違いを以下に示します。以下に提供されている情報が問題の理解に役立つことを期待しています.

VPNとファイアウォールの違い:

  • VPNとファイアウォールは、ユーザーがファイアウォールのようにマルウェア設定を強制または構成することを許可しません.
  • さらに、ファイアウォールは特定の種類のネットワークトラフィック(ユーザーの要求に応じて)をブロックするように機能しますが、VPNはより一般的な方法で動作し、ネットワーク全体の通信に安全な「トンネル」を提供します.

VPNとアンチウイルスの違い:

  • VPNを使用すると、ユーザーは政府またはISPによって設定された制限を無視できます。ユーザーは制限されたコンテンツにアクセスできますが、ファイアウォールやウイルス対策ソフトウェアはアクセスできません.
  • ウイルス対策は、悪意のあるソフトウェアがデバイスのOSを破損するのを検出および防止するように設計されています。一方、VPNはすべてのネットワーク通信を暗号化し、ある程度匿名性を提供します.

ファイアウォールとの違い
アンチウイルス:

  • ファイアウォールは、ユーザーが設定した所定の条件に従って、有害と判断した特定のプログラムのみをブロックできます。ただし、ウイルス対策ソフトウェアはデバイス全体でフルスキャンを実行し、一般的なファイアウォールでは見逃している可能性のあるものをキャッチします.
  • ウイルス対策とファイアウォールのもう1つの目立たない違いは、ファイアウォールがハードウェアとソフトウェアに実装されていることです。アンチウイルスはソフトウェアとしてのみ実装できます.

そう、
ここからどこに行きますか?

これで、ファイアウォール、VPN、およびウイルス対策ソフトウェアの違いを理解できました。デバイスを保護するためにインストールする必要のあるソフトウェアを選択する際に、ある程度明確になり始めているかもしれません.

さて、答え
その質問に非常に簡単です.

すべての
上記のソフトウェア(ファイアウォール、ウイルス対策、VPNなど)が最適に動作します
それらが互いに補完するとき.

そのため、オペレーティングシステムのセキュリティを強化するには、堅牢なファイアウォールソフトウェアを使用する必要があります。また、マルウェアやハッキングなどのその他の脅威からコンピューターを保護するための最高品質のウイルス対策ソフトウェア.

あなたを維持するために
ウェブの閲覧中の匿名性、またはプライバシーの保護
VPNを使用する.